包茎と早漏にはどんな関係があるのでしょうか

ABCクリニック新宿院は包茎治療と早漏の治療、両方扱っていますが。どちらの症状ももお互いに深くかかわっています。
仮性包茎の機能面でデメリットの一つとして、早漏になり易いことがあげられます。

普段から亀頭が皮でおおわれているため、刺激に対して弱くなっているという理屈で、これは昔から言われていることで今でもこれは当てはまるので、包茎手術が早漏の治療とを兼ねることは少なくありません。

亀頭が鍛えられていないから。なのでいざ女性とセックスするにあたって敏感な亀頭は反応してしまい、
すぐに射精してしまう。女性を満足させることができないということと、「早漏」というレッテルを貼られる屈辱感から、この関係は密接で即治療という方向に向かいやすい傾向にあります。

しかし本来亀頭が包皮に覆われ、保護されているということはごく自然で当然であり
むしろそうあるべきとも言えます。実際仮性包茎と言われるこの状態がむしろあるべき本来の状態であるという認識は欧米ではされています。

日本でもそのはずで、医学会でも同様です。しかしながら包茎が即コンプレックスに結びついてしまうということが往々にしてあり、いまだに多くの男性はこのコンプレックスを抱えています。
これは初めに述べたように、包茎=早漏という考え方に起因することと思われます。

この「包茎」という単語そのものが普通の状態であることと別の意味を持ってしまうからかもしれません。そして下半身という隠さなければならない分野のことで、多くの他人と比較することが容易ではないことから、自分が普通と比べてどうであるかを認識しずらいということも考えられます。
そしていま、問題になっていることの一つに
包茎のデメリットを過度の強調し外科手術を伴う治療の必要性をあおる悪質なクリニックの勧誘があげられます。こうしたトラブルは多いのですが下半身事情のために表に出にくく、なかなか後を絶たない現状にあります。
兎に角、その問題性が早漏であることは必ずも包茎に起因するものではなく
別の要因がかかわっていると考えることも大切です。

  • ABCクリニック新宿院の無料カウンセリングご予約はこちら(TOPページ)
  •  

    サイトマップ

    体力に自信あります