手術 麻酔

手術に使われる麻酔とは

麻酔とは人間の身体(生体)を手術が可能な状態におくことです。
手術は生体に及ぶ人為的な侵襲の中では最大のものであり、
生体側(主に手術を受ける患者)の諸条件や手術の種類によって麻酔のやり方が異なります.
麻酔には大きく分類すると全身麻酔と広義の局所麻酔の2種類に分かれ

手術室で行う大きな手術の大部分は全身麻酔、外来での小手術には狭義の局所麻酔が使われます.
また局所麻酔は更にそのやり方によって脊椎麻酔,硬膜外麻酔,狭義の局所麻酔に分かれます.

麻酔は一般に@無意識,A無痛,A手術の妨げとなる生体反応(反射)の除去の三つを達成することと言われますが,
必ずしもこの三者が同時に得られる訳ではなく
例えば局所麻酔は無意識の達成は得られません。

全身麻酔の標的は脳で、全身麻酔に用いる薬剤も脳に作用しますが
副作用によりそれ以外の臓器にもさまざまな影響を及ぼします。

局所麻酔の一つである脊髄麻酔は神経の束である脊髄に薬を作用させることで痛みを遮断する方法です。
これは主に下腹部や下半身の手術に良く使われます。

これも局所麻酔方法に硬膜外麻酔があり、これは脊髄を取り巻く硬膜という膜の外側に
細いチューブを入れ、そこに注入する薬剤の働きで選択的に手術の傷の部分だけの痛みを
取り除こうとする方法です。
手術後の痛みの緩和に用いられる方法ですが、ある程度の専門技術を要するので訓練が必要です

伝達麻酔(腋窩ブロックなど)も局所麻酔の一つで、これは脇の下などで、神経の根元に
直接注射し薬剤を注入する方法で、
肘から先など限られた範囲の比較的短時間の手術に用いられることが多いです。

局所浸潤麻酔も局所麻酔の一つで、これは麻酔をかけたい箇所に直接注射し薬剤を注入します。
ごく小範囲の浅い箇所の手術に用い、必要であれば範囲や所要時間に応じて数カ所に注射し
ます。

麻酔テープ等のシール型の塗布剤があります
主に静脈内の注射にそなえて皮膚に麻酔をかけるのに用います。
皮膚上の痛点を麻痺して、更に皮膚に浸透して知覚神経を麻痺させることによって穿刺(針を刺す)時の痛みを和らげる効果があります。

  • ABCクリニック新宿院の体験、学割も効く包茎治療(TOPページ)


  •  

    サイトマップ

    体力に自信あります