湿潤管理療法


怪我をした時の対処の仕方、手術後などの処置の点で、一昔前と現在では大きく変わった点があります。

例えば大きな擦り傷をした場合、20年前でしたら消毒してガーゼをあてがい
その後は消毒を繰り返しとガーゼを取り換えながら徐々に回復を待つというもので、ほぼ全国的に一般的な方法として疑いなく行われてきたと思います。

しかし、ここ10年くらい前から「湿潤療法」が提案されるようになりました。
これは消毒液などによる患部の積極的な殺菌は行わず流水で洗うのみとし、
患部を乾燥させず水分を保った状態で密閉して組織の再生を促す方法で、
先ほどの擦り傷を例にあげると、消毒液をかけずに流水で洗い流し、ガーゼをつかわずにラップのようなもので覆い湿度を保ったまま(乾燥させないように)幹部の回復を促します。

理由の1つに、消毒液が雑菌を殺すだけでなく組織の再生を阻害してしまうことにあります。

1日に1回の頻度で流水で患部を洗い流すことで患部表面の組織を再生させるための細胞を殺さず、細菌の発生による感染症は十分に防げるということです。

もう1つは、乾燥させることによってできる「かさぶた」をできないようにすること。そして、新しく再生した患部表面の細動がガーゼなどに張り付き、交換の際に剥がされてしまうのを防ぐことです。

湿度を保つことで、かさぶたを作らずに患部組織が再生し、回復が早まります。
外科手術痕にも言えることで、いまでは多くの医療施設で取り入れられるようになってきましたがその一方で
これは、当時なかなか受け入れられにく
先駆的な医療施設では積極的に取り入れられるようにはなりましたが、従来の消毒液とガーゼによる患部の管理方法が未だに多くの病院で行われており
一般的にも広く普及しきったとは言えない状況です。

やはり、患部を消毒することと、乾燥させることは雑菌による感染症を防ぐ方法として医療施設側には安心感が生まれるからでしょう。
流水にラップでは、利益も出ないという背景もありうることです。

そういった普及の度合いからか、湿潤療法を術後管理に取り入れる医療施設ではそのメリットと共に積極的な宣伝を必要としている状況ですが


少なくとも皮膚表面の怪我および治療痕の管理方法としての有用性は間違いないので
今後は徐々に広まってゆくものとかんがえます。

  • ABCクリニック新宿院の体験,学割も効く包茎治療の評判と口コミ(TOPページ)

  •  

    サイトマップ

    体力に自信あります